月別アーカイブ: 2016年5月

過去記事が読まれるブログは、実は生もの。とりあえず記事を書いておくことが重要

ブログのテーマは、思いついたらさっさと記事にしないと
ドンドン腐っちゃう。

実は昨日、閲覧数(アクセス数ではない)が急上昇。
スパムなのかと思ったらそうでも無さそうで、
過去記事がドンドン読まれていたのです。

やっぱりブログはすごいな、
と思いつつ、最近は、テーマを温めすぎて
書く機会を逸することがままあるのです。
ブログは過去記事が読まれるストックなのですが、
記事自体は生ものなので、さっさとあげてストックに回さないとダメなのね。

映画「オデッセイ」で見たジェンダー問題を書こうと思っていたら
知らぬ間に一週間が経過。

実はその間にも書きたいテーマは出て来ていたのに、
順番にこだわるあまり
記事は書けないどころか、更新頻度もまた落ちそう。

こういう時は、とりあえず何でもいいから記事を書く。

ブログだけではなく、
この「とりあえず何でもいいから手をつける」って結構重要。

やるからにはきちんとやりたい、というのが人情。
ところがそう思っていると、時間ばかり過ぎていくのが実情。

で、もう恥をかこうが未完成であろうが、
とりあえず、1ミリだけでも進ませておく。
そうすると、次は2ミリから始まる。
2ミリなんてすぐ取り戻せる、追いつく、
と思っていると、一週間経つと「とりあえず派」は7ミリ先に進んでいる。
一ヶ月先延ばしにすると3センチ「とりあえず派」は進んでいることになる。

最近、作品のことでこのとりあえずって重要だなあ、
と思ったことがあります。

今年も、去年に引き続きクリエイターEXPOに出展するのですが、
昨年暮れに作ったセルフマガジンをもう少し進化させたい、
と見直しています。

去年、いくつかの商談で多かったのが、年賀はがきと
販促用カレンダーのイラストとデザイン。

結局まとまらなかったものの、
このカレンダーは今後重要だなと思って
すこしずつ描き貯めて来ました。
ただ、12ヶ月分12枚の質を揃えるのは大変。
結局6枚分くらいが出来ている状態。

印刷屋さんへ回す時間もあるし
今から残り6ヶ月分6枚を描くのは大変、
と思って諦めかけたのだけれど、ふと考えついたのが
このブログで紹介した作品に手を加えて
カレンダー用にする、という方法。

ブログに上げる作品は、もう少し手を加えたいけど
更新頻度の維持を考えると、とりあえずあげておく、
というものが結構ある。
多くの人は、この「とりあえずあげておく」ことを躊躇う傾向がある。

私も以前はそうでした。
でも、この頃は、とりあえず数だな、と思うのです。

そして今回、
とりあえず作ってきた自分の作品から新たな自分の作品を作りだす、
という方法を取り入れることにして、早速取りかかっているところ。

「とりあえず」がなければ諦めるところでした。

そして、ブログは「とりあえず」をあげておくには本当にいい場所。
ブログはアフィリエイトをめざしてやる人が多いでしょうが、
何か作っている人、文でもビジュアル作品でも、
また音楽でも、とりあえずあげるには最適な場所です。

前回の記事で取り上げた「オデッセイ」の原作もブログです。
ツイッターやフェイスブックなどSNSがどれほど人気があっても
ブログは個人の情報発信ではやはり最強です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
プロフィールを更新しました。

<フェイスブック>フォローして頂ければ、ブログのお知らせが届きます。

<マダムかよこのセルフマガジンをお配りしています>
詳細はこちらから


5月31日火星が近づく。映画「オデッセイ」の原作はブログ小説。原題は「火星の人」。

リドリー・スコット監督の「オデッセイ」を見てきました。

火星にたった一人で取り残された宇宙飛行士のサバイバル物語。
おすすめです。面白い。

まず見所は、
かなりのお金をかけて火星をセットで出現させているところ。

私はグランドキャニオンとサハラ砂漠の映像をCGで合成した、
とかそんな方法なのかなあ、と思って見ていたけど
実際に砂を運んできてセットを作ったらしい。
そのセットを見るだけでも充分に見応えあり。

そして、NASAが全面協力したという
テクノロジーの数々が実にリアリスティック。

つまりSF映画としては、ほぼ完璧で、それだけでも
見る価値ありなのですが、
何しろひねくれ者の私、
NASAの危機管理や情報公開、女性幹部といった
現在の社会的課題を何気なく織り込んでいて、
そちらが気になって仕方なかった。
この件に関しては、別に記事を書きます。

さて、宇宙での危機を扱った映画としては
トム・ハンクス主演の「アポロ13号」があります。

こちらは実際にあったお話。
こちらもおすすめ。

この映画を見た時にも、そして今回も思ったのが、
その組織の実力が発揮されるのは危機の時、
ということ。

「アポロ13号」は実話ですから、圧倒的なリアリティで
NASAや科学者や関わる人々の実力と熱意を伝えてくれます。

一方、「オデッセイ」の方は、全くの新人作家のブログの連載小説が
原作です。

原作者のアンディ・ウィアーは、2009年から小説を書き始めて
ブログに上げていったそうです。
しばらくすると読者がつき、
やがてキンドル版が発売され、35000もダウンロードされたとか。

その後はエージェントが代理人をするようになり
映画化まで長い時間はかかりませんでした。

アンディ・ウィアーは、もともとはプログラマー、
父親が素粒子物理学者だそうです。
素質も環境もあったのでしょうが、
そのリアリティは彼のこだわりだそうです。

原題は「The Martian」。日本ではハヤカワ書房から「火星の人」
として出版されています。

それをわざわざ「オデッセイ」という日本の題名をつけたのは
やはりスタンリー・キューブリックの「2001年宇宙の旅、スペースオデッセイ」
にちなんだのかもしれないです。

でも、それはちょっと違うな、と思うのです。
というのも、
映画「2001年宇宙の旅、スペースオデッセイ」が作られた当時、
全くの絵空事で叙事詩であった宇宙探査が、
現在そのテクノロジーは確実に進展していて、
もう絵空事ではなくなりつつあるからです。

実際NASAは「Journey to Mars」というサイトを作っています。
NASAのサイト
Journey to Mars

映画にも出て来るのですが、地上を走るローバーが撮影した火星の写真

この写真を巡っては、
火星に草が生えている、というサイトがあるほどです。
NASAは否定しているようですが。
火星の砂丘に植物が群生

実際、太陽系で地球に近く、
生物が生きられそうな、
つまり水がありそうな惑星は火星しかないわけです。

ところで、私は読んだ事ないですが、
人類を火星に移住させる計画を扱った「テラフォーマーズ」という人気漫画の
実写版がかなりの酷評です。
映画「テラフォーマーズ」レビューが大荒れ

映画自体を見ていないので、論評は出来ないのですが
宇宙空間という設定の割にお金が足りているかな、という疑問はあるし、
また、上の「〜大荒れ」のサイトにある海外批評の「最初のシチュエーションの説明の失敗」
というのは、日本映画にありがちですね、残念ながら。
このことも機会があれば記事にしたいです。

話しを「オデッセイ」に戻すと、
リドリー・スコットは割合と台詞が少ない監督です。
「ブレードランナー」は、台詞より雨の落ちる音の方が多かった。

ところが、この映画は、
主人公が死ぬかもしれない自分の生きた証しを記録するために
コンピュターに語りかけるモノローグ場面が多用されます。
その多いモノローグは
火星でひとりぼっち、という極限状況にありながら、
ユーモアたっぷりに脚色されています。

火星に人が行く、というのは確かに夢物語ではなくなっているけれど、
行ったらどうやって帰って来るのか、
という大問題があるとか。
そうですよね。火星に降りたら、また、地球にむけてエンジンを噴射しないと
戻れないですもの。

ところで、約10日後の5月31日、約2年2か月ぶりに火星と地球が最接近するそうです。
関連サイト 火星を見よう

地球と火星は2年2ヶ月ごとに接近して、
最も近いときが約5600万㎞。
最も遠いときで灼4億㎞。
今回は、約7500万kmまで近づく中接近で、
この前後の期間は比較的大きく見えるので、火星の模様を観察する好機だそうです。

ちょっと楽しみですね。
是非あなたもチェックしてみて下さい。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
プロフィールを更新しました。

<フェイスブック>フォローして頂ければ、ブログのお知らせが届きます。

<マダムかよこのセルフマガジンをお配りしています>
詳細はこちらから


音楽に合わせてダンスしながら片づけをする

今日は、音楽に合わせてダンスしながら片づけものすると
はかどるだけではなく
いい運動になる、というお話です。

実は連休前から311以降描いたデッサン約600枚、
アイデアエスキース、
また機関紙のために描いた小品などを
片付けているのですが、
一向に進まず困り果てていました。

片づかないから、ブログも全く書く気も起こらず
ブログを始めて以来、極端に更新頻度が落ちていました。
まさに3年目の危機です。

ところがふとしたことから音楽を聴きながらやると
はかどると分って、
今、ようやく先が見えて来たところです。

こんな話し珍しくもないのですが、
実は私は、制作はもちろんのこと、
掃除でも書き物でも読書でも
ふだんは、一切BGMを聴かないのです。

それには理由があって、
音楽を聴きながら何かをやると、
集中力が削がれるからです。

何か聞こえると、聴いちゃうのです。
だから街のBGMも苦手。

が、しかし、

片づけという、手と目と身体を主に使う作業には
やはり音楽を聴きながらやるとはかどるし
ついでに音楽に合わせてダンスまでしています。

ふだん聴く音楽は、散歩のときのボサノバか
ゆっくり家で聴く時はクラシックのことが多いのですが、
クラシックは強弱があって細かいところを聴きたいと思うと
結局作業のじゃま。

というわけで、時々ラジオから流れてきていて
気に入ったものをダウンロードで買っていたものを
iPodで共有してスピーカーでガンガンならして
踊りながら片付けています。

上の3枚、山下達郎にアンダーワールドにエンヤ、
という支離滅裂な組み合わせですが、
どれも自分の好きなものだけピックアップして
ダウンロードしています。

この、一曲ずつ買える仕組みって、いいですね。

どんな歌手でも、アルバムの中のすべてを気に入るわけではないので
気に入ったものだけ買えるというのはとても合理的。

山下達郎はあまり興味がなかったのですが、
この「希望という名の光」をYou Tubeで聴いて
いっぺんで気に入り早速購入。

挫折しても何度でも立ち上がる人を励ます
心に沁みる一曲です。

2010年の作品ですから、311とは関係なく作られたのだけれど
あの極限の状況とシンクロするような内容は、
ある種の予見でもあり、山下達郎という作家の天才性を
象徴しているように思いました。

エンヤの最新アルバムは
後半の4曲がお気に入り。
9. Astra Et Luna
10. The Loxian Gate
13. Pale Grass Blue
14. Remember Your Smile
エンヤも今まで、特にアルバムを買うほどのことはなかったので、
今回は珍しくじっくり聴いてます。
最後の「 Remember Your Smile」は賛美歌のような透明性。

アンダーワールドは、二ヶ月くらい前にラジオの
渋谷陽一の番組で聴いて気に入って購入おいたもの。
もっぱら、「 Low Burn」という曲に合わせて踊りながら
片付けをしています。

知らない人人が見たらビックリするでしょうね、
小太りのおばさんが踊りながら片付けしてるんだもの。

前回、歩き方に気をつける記事を書きましたが、
この音楽に合わせてダンスしながら片づけする、
というのも、すごくストレス解消になります。
おすすめです。

実はブログに書きたいことは溜まっているので
ボチボチ更新頻度をあげていきます。

更新しない間も、実は、かなりな方に検索で来て頂いています。
グーグルが記事の内容まで判断して検索機能を高めたからかどうかは分りませんが、
「読み物」として書いているブログなので、
検索に引っかかり易いのかもしれません。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

プロフィールを更新しました。

<フェイスブック>フォローして頂ければ、ブログのお知らせが届きます。

<マダムかよこのセルフマガジンをお配りしています>
詳細はこちらから


モデルがランナウェイを歩くように歩いてみたら、体調がいい

身体のことなので、合わない人もいるかもしれませんが、
私は最近、モデルがショーのランナウェイを歩く時の
あの一本線の上を腰を左右に振って歩く歩き方で、
歩くようにしたら、
なんだか、えらく体調がいいのです。

まず、集中力が違う。
肩凝りが楽になった。
睡眠が深い。

こんな感じです。

もうひとつ、歩く時に気をつけているのは、
歩く時の姿勢です。

腰や背中、そして膝の裏を延ばすように意識して、
地面を蹴るように歩きます。
そうすると自ずと脚が上がって
ズンズン前に進める。

最近身体が固いなあ、と感じていたので、
腰や膝の裏を延ばすようにしたら良いのではないか
と思って始めたのです。

年のせいにすることは出来るけど、
諦めるのは早い、と試しにやるようにしたら
ドンピシャリ。

しかも、そう長時間歩かなくても、
せいぜい3000歩、2キロくらいでも続けていると
効果があるみたいです。

もともとそれほど身体は柔らかい方ではないので
肩凝りもひどいし、前屈もドンドン出来なくなってました。
それがこのところ
柔軟体操も楽になってきました。

人間はやはり脊椎動物なんだな、と身体が正直に感じています。

季節も良いので、歩くのがグッと楽しみになりました。

ただ、
ひとつだけ気をつけなければならないことがあります。

何しろ腰振ってモデルのようにクニャクニャ歩くのですから、
はたから見たら「変なおばさん」です。
ですから、場所を選ばないと。
人通りの少ない住宅街や木陰の多い散歩道などに、限られる、ということです。

身体関連の記事
「体幹トレーニング20」(長友佑都著)は効く。どうすれば継続できるか?
一週間の断食で体調は絶好調。でも、一ヶ月の「不食」をやる勇気は無し
継続には、やはり記録が重要なのか?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

プロフィールを更新しました

<マダムかよこのセルフマガジンをお配りしています>
詳細はこちらから


あなたのお誕生日は、あなただけの母の日

5月の第二日曜日は母の日。
ということで母の日仕様のバナーにしました。

ウィキで調べてみたら、
母の日というのは世界中にあるけど日付はバラバラですね。

実は、母の日というと、
私がいつも思い出す話があります

昔、淀川長治さんという名物映画評論家がいて、
その方が、
「自分のお誕生日は、自分の生まれたことを祝うのではなく
自分をこの世に生んでくれたお母さんに感謝する日です。」
と言っていたのです。

5月の第二日曜日はみんなでお母さんに感謝する日。

そして、

あなたのお誕生日はあなただけの母の日。

ちょっと素敵だと思いませんか?

————————-
プロフィールを更新しました。

<マダムかよこのセルフマガジンをお配りしています>
詳細はこちらから


Doodle / ドゥードゥルでお部屋を飾ろう⑧ 同じ漢字から全く違うDoodle

バナーを新緑の5月仕様に変えました。

さて、
「Doodle / ドゥードゥルでお部屋を飾ろう」シリーズは、
マルや三角や四角や渦巻きや線を自由に描くことによる
誰にでも楽しめる大人の「いたずら描き」です。

単なるいたずら描きと少し違うのは
丁寧に描けば、ちょっとした絵になってお部屋に飾れることです。

「部屋に飾る絵を描く」という検索でこられる方も
ボチボチいらっしゃるので、
描き貯めたものをアップしていきます。

今日のお題は『空』。
実は先月もこのお題でアップしていたことを
すっかり忘れて、連休の爽やかな青い空を見て
同じお題で描いてしまいましたが、
それはそれ、
同じお題でも全然違うものが出来たので、
Doodle / ドゥードゥルのバラエティの広さが分かる例になりました。

先月の「空」はこちら。
20160317_10

そして今日の「空」。
20160501

今ぬり絵が流行っているようですが、
この簡単Doodleはあなたの完全オリジナル。
色が苦手だ、という人は黒一色もクール。

「Doodle / ドゥードゥルでお部屋を飾ろう」のカテゴリーを見て頂ければ、
描き方順の写真が見られます。

モチーフが、丸や三角や四角に渦巻きや波模様。
特にデッサンの訓練などしなくても
少しのセンスで楽しく描けるので、
是非試してみて下さい。
そして小さな額に入れてお部屋に飾りましょう。

20160318 

20160317

20160113

20151103_frame

20151112c

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

プロフィールを更新しました。

<マダムかよこのセルフマガジンをお配りしています>
詳細はこちらから