カテゴリー別アーカイブ: ヴィネット付きヴィネット

11月のヴィネット・椋の木とヒヨドリ

11月のヴィネットは椋の木(ムクノキ)とヒヨドリです。
20151104-1

ヒヨドリは
身近にいる鳥の中でも身体の大きい方。
28センチくらいです。ちなみに基準鳥としてのスズメが15センチほど。
ヒヨドリはとにかく食欲旺盛で、我が家の金柑にももうすぐ食べに来ます
その食欲ぶりが少し卑しく見えたか、漢字では「鵯」と書くようです。

映画「鳥の道を越えて」では、
北海道から群れをなして渡るヒヨドリの群れの映像が印象的でした。

椋の木は樹形がケヤキに似ているニレ科の高木です。
IMG_1781

最初は緑色の大豆大の実は、熟すと黒くなり、鳥たちにとっては樹上のレストラン。
ムクドリが好んで食べるからムクノキ、という説もあるようです。
実際はムクドリだけではなく、上の絵のようにヒヨドリ、
これからはアカハラやツグミも。
人間が食べても大丈夫です。

葉は固く珪酸質の毛が生えてザラザラしているので
昔は漆器、鼈甲細工などの表面研磨のヤスリに使われていたとか。
またその材質が硬いので、建築材や野球のバットにも使われるようです。

鳥は美しく大好きですけれど、
私が興味があるのは、様々な生き物や人間との繋がり。
生き物というのは、私たち人間も含めて、食べ物で繋がっています。
そんな繋がりが描けたら、と思いながら描いています。

参考文献

 

↑ちなみにこの二冊の鳥図鑑、
種類の多さや写真の多様さは山と渓谷社の「日本の野鳥」で、
これ一冊あれば充分、という感じなのですが、
「ぱっと見わけ観察を楽しむ 野鳥図鑑」には、
鳥の声をスマホで聞けるQRコードがついているのがうれしい。

持ち歩きには以下の二冊を使っています。
  

↓私たちの暮らしと木の関係が分かる本

↓葉っぱのキレイな写真が嬉しい。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

<マダムかよこのセルフマガジンをお配りしています>
おかげさまで、色彩が美しく自然の息吹を感じるイラストに癒されると、好評です。
無料冊子「時をつむぐ、いのちを愛でる。人生はステキ」、をご希望の方は、
郵便番号、住所(マンション名など省かず)、お名前、希望部数を、
ブログの右の欄にある「ご意見、ご感想、お問い合せフォーム」からか、
madamkayoko@gmail.com までメールをお送りください。
無料でお送りします。
selfmagazine

この度、ウェブ制作会社のサイトで、マダムかよこをご紹介頂きました。
株式会社 オフィス友惠様のサイト 

上記制作会社の作製による私の絵が使われたサイトがオープンしました。
NPO法人ストップ・フロン全国連絡会様のサイト


ヴィネット / キノコと稲束

稲刈り、脱穀が終わると朝晩は本格的に寒くなってきます。
そして乾燥させた稲束の匂いにはホッとさせられます。
太陽の光を思いっきり深呼吸して取りこんでいるからでしょう。

その稲束をキノコやアキアカネと一緒に
ヴィネット形式で描いてみました。

mushroom

ヴィネット=Vignette とは、広辞苑によると
①(本の扉・章頭・章尾などの)小さな装飾模様【カット】
②ビネット<背景をぼかした風景画【写真】や肩から上の肖像写真【画】
③<優雅な>小品文【スケッチ】

なお、最近は小型のジオラマのこともヴィネットと呼ぶようで、
ヴィネットで画像検索すると、たくさん出て来ます。

で、これはフランス語だろうと思ってロベール大辞典をひくと
①(写本、美術、工芸品などを飾る)ぶどうづる装飾模様;つる状装飾
と一番目に出てきます。

ということで
蔓植物ラブ、の私としては、これからは積極的に
装飾的な「イラスト」のことは「ヴィネット」と呼びたいと思います。

ちなみに
上記広辞苑③の「小品文」は、「日常のちょっとしたことを描いたスケッチ風の短い文章。気のきいた描き方の短文。」
とあり、これってまさに現在の「ブログ」のことですよね〜。

うん、なんか、急に気分が洒落てきました。
言葉の魔力ですね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

<マダムかよこのセルフマガジンをお配りしています>
おかげさまで、色彩が美しく自然の息吹を感じるイラストに癒されると、好評です。
無料冊子「時をつむぐ、いのちを愛でる。人生はステキ」、をご希望の方は、
郵便番号、住所(マンション名など省かず)、お名前、希望部数を、
ブログの右の欄にある「ご意見、ご感想、お問い合せフォーム」からか、
madamkayoko@gmail.com までメールをお送りください。
無料でお送りします。
selfmagazine

この度、ウェブ制作会社のサイトで、マダムかよこをご紹介頂きました。
株式会社 オフィス友惠様のサイト 

上記制作会社の作製による私の絵が使われたサイトがオープンしました。
NPO法人ストップ・フロン全国連絡会様のサイト